おせち料理の種類

デパートのおせち料理通販はコチラ

 

おせち料理の分類は大きく分けて、「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」の5種類になります。

 

おせち料理は、重箱に詰めるのが一般的で、正式な段数は四段となります。

 

上から「一の重」「二の重」「三の重」「与の重」と呼び、何番目のお重に入れる料理の種類も決められています。

 

しかし、それを厳密に守る必要はありません。

 

デパートや通販で販売されているものは、二段や三段が主流ですし、五段の場合もあります。

 

では、それぞれのお重にいれるおせち料理は全部で何種類あるのでしょうか。

 

地域によって品数は異なりますが、20種類以上あるといわれています。

 

最近では、通販でおせち料理を購入する家庭も増えていますが、通販のおせち料理では25〜40種類くらい入っています。

 

一般的な家庭では、何種類くらいのおせち料理があればよいのでしょうか。

 

これは、人数や家族の年齢によって異なるので、それぞれの家庭に適したおせち料理を考えてみましょう。

 

ただ、たくさんの料理を自分で作ることは簡単ではありません。

 

多くの家庭では、数種類だけを自分で作って、あとは購入するというのが一般的だそうです。

 

もちろん、重箱に盛り付けられたおせち料理を注文している家庭もあるでしょう。

 

通販では和風のおせち料理だけではなく洋風の料理を加えた商品もあります。

 

無理しておせち料理をすべて作るより、我が家の味である煮物や卵料理などは手作りして、さらに通販のおせち料理をプラスしてみるというのも、ちょっと趣向が変わってよいのではないでしょうか。

 

デパートのおせち料理通販はコチラ