おせち料理の特徴

正月料理といえば「おせち」です。

 

「おせち」とは「お節供」の略で、正月に食べるお祝いの料理のことをいいます。

 

ところで、おせち料理の意味や特徴をご存知でしょうか。

 

料理や使われる素材も、お正月にちなんだ意味があります。

 

おせち料理の定番には、伊達巻き、昆布巻き、数の子、黒豆など、さまざまありますが、

 

豊作、子孫繁栄、無病息災、長寿など、多くの願いが込められているのです。

 

他にも、おせち料理を重箱に詰め、重ねて用意するのにも、めでたさを重ねるという意味で縁起をかつぐといった意味があります。

 

おせち料理は日持ちする献立が多いことが特徴です。

 

女性に正月三が日は休んでもらおうという意味。

 

火の神である荒神を怒らせないために、正月に火を使わないという意味。

 

このような意味があるといわれています。

 

年末の忙しい時に主婦が一人で料理を作ることは大変です。

 

おせち料理の中で自分の得意を一つだけ決めておくのはどうでしょうか。

 

それ以外は通販のおせち料理を利用してみるのもよいと思います。